福井で小さな本屋はじめました。

JR福井駅前に小さな新刊書店「わおん書房」ができるまでとそれからの記録

10年日記♪

こんにちは、わおん書房です。

 

根っからのアナログ人間なので、書くことが好きです。

メモ魔であることは先日ご紹介させていただきましたが、それ以外にも毎日書いているのが日記。

かれこれ書き始めて8年目になります。

 

waonbooks.hatenablog.com

 

きっかけは母がつけていた10年日記。

10年日記は1ページ1日になっています。1日分は4行しかないのですが、1ページに同じ日付の日記が10年分記載されることになります。

そう、10年かかって完結する日記なのです。

(私が使っているのは写真右の「石原の10年日記」。B5版(縦26×横19cm)で全500ページほどあります。)

f:id:waonbooks:20190821163541j:plain

年頭に日記をつけ始めても続いたためしのない私ですが、母が10年日記を完成させたのを見て一念発起!

続くかどうか分からなかったので、手始めに3年日記からスタート。3年日記を完成させ自信がつき、2015年からは10年日記をスタートさせました。

f:id:waonbooks:20190821164059j:plain

10年日記の楽しいところは、去年までの同じ日に何をしていたのか振り返ることができるところ。

私の場合はガーデニングが趣味なので、

「あ、去年は今頃もうゴーヤの苗を植えてる!」

「そろそろバラの剪定をしなきゃ…。」

と、庭仕事のタイミングを知ることもできます。

あと、不思議なことに前年同じ日に同じものを食べていた!なんてこともよくあります。

 

そういう意味では、10年日記を続ける上で最大の試練は1年目と言えるかもしれません。1年目は白紙のページを埋めていくだけなので、每日が単調で挫折する可能性が高いです。

 

続けていくコツは、どうしても毎日書かなくてはいけない!と思わないこと。

2,3日空欄があってもOK!

苦しみながら書く必要はないですよね。誰のためでもない自分の日記なのですから。

 

あと、書くことに困ったら、私はその日食べたものを思い出して書くことにしています。朝、昼、晩、食べたメニューとその感想とちょっと書けば、4行なんてあっという間に埋まってしまいます。

 

文房具に凝るのもいいかもしれません。

私はお気に入りの万年筆があり、それで日記を書くことにしています。万年筆は使わないとペン先が傷んでしまうので、毎日使うとメンテナンスにもなりますし万年筆がだんだん自分の手に馴染んでくるのも楽しいものです。

 

昨年、一昨年の自分が何を考えていたのか、それがどう変化しているか、自分の変遷を知ることができるのも10年日記の醍醐味。

5年前の私は組織に属して働いていましたが、今は本屋の店主。

現在5年目の10年日記が完成する頃、私は何を考え何をしているのでしょう?

想像するとワクワクしてきます。

 

10年日記は私が買った当時で5千円ほど。少々値がはるのですが、1年で500円と考えたらお得ですよね。

興味がある方、是非オススメですよ!

夏の思い出

こんにちは、わおん書房です。

 

連日猛暑日が続く福井。

私が子どもの頃は、家にエアコンもなく扇風機だけの生活でした。

お風呂上がりに扇風機の風にあたって

「あ~涼しい!」

と喜んでいたものです。

一体いつから夏はこんな殺人的な暑さになったのでしょう?

 

さて、写真のデータを整理しながら

「去年の夏は何してたっけ?一昨年の夏は??」

と振り返っていたら、思わず時を忘れてしまいました。

 

去年(2018年)の夏。7月上旬から猛暑日が続き、今年以上に暑さが辛かった!

そんな中、8月に本屋としてあるイベントに初出店しました。

まだ店の名前も決まっていなくて、手持ちの本をかき集めて出店した古本市。

初めてお客様に本を買っていただいた忘れられない日となりました。

f:id:waonbooks:20190815045745j:plain

記念すべきお客様第1号。車が大好きなボクはずっと窓から車を眺めていました。

 

2016年の8月は伊吹山に登っていました。

f:id:waonbooks:20190815045051j:plainf:id:waonbooks:20190815045113j:plain

滋賀県伊吹山は福井からアクセスがいいのと、標高1377メートルのほとんど頂上近くまで車で行ける気楽さもあって、よく出かける山です。

そして、こちらは高山植物の豊かさでも知られる山。7月下旬から8月上旬は特に美しい花がたくさん見られます。

 

 2014年の夏は福井市立美術館で北斎展を鑑賞していました。

f:id:waonbooks:20190815051317j:plain

 パネルの前で記念撮影(母)。

 

この日は朝から暑かったためか来館者が少なく、じっくり鑑賞できました。

木版の彫りの美しさや色の微妙なニュアンスに感動。

 

更にさかのぼって2010年の夏。

家族での海外旅行。この年は父の体調が良かったことから、フランスまで足を伸ばしました。 

f:id:waonbooks:20190815051648j:plainf:id:waonbooks:20190815051650j:plain

 ノートルダム。このあと焼けてしまうなんて思いもよりませんでした(T_T)。

モネのお庭もきれいだったなぁ。

 

暑さの中の現実逃避。

写真の整理と偽って、しばし懐かしい記憶に思いをはせました。

 

さあ!現実に戻らなければ…。

台風の接近で雲が不穏な動きをしています。

どうか大きな影響が出ませんように。

 

14歳の私へ

こんにちは、わおん書房です。

 

夏真っ盛りの8月ですね。

f:id:waonbooks:20190806142244j:plain

 猛暑日の続く福井ですが、2,3,4日は恒例のフェニックスまつりでした。

普段は人通りもまばらな駅前の電車通りが人でいっぱいに!

「あれ?福井ってこんなに人がいたんだぁ~。」

家族連れ、浴衣を着たカップル、県外からの旅行客の方、みんな入り乱れて祭りを楽しんでいる様子に、なんだか嬉しくなってしまいました。

 

さて、毎月楽しみにしているこちらの新聞記事「14歳の君へ」。

様々な分野で活躍する方から中学生に向けてのメッセージです。

f:id:waonbooks:20190806145750j:plain

 

今回は社会学者の岡檀(おかまゆみ)さん。

 

まず、冒頭のこんな言葉にひかれました。

『子どものころはよく道草をしました。…研究も時々脱線しますが、思わぬ発見もあります。将来の目標は大切ですが、絶対必要でもないし、一直線に進むのでなく道草も大事だと感じます。』

思えば私の人生は脱線だらけ。道草や遠回りもずいぶんしてきたなぁ。

 

そしてこんな言葉も。

『「みんながするから」ではなく自分で決め、他人の考えを尊重する。大事なのは、周りとちがった行動をしても仲間はずれにされないこと』

『「どうせ自分なんて」と考えない。ちっぽけな存在でも絶対にゼロじゃない。』

 

人と違ったことをすると受け入れてもらえず、時には仲間はずれにされがちなのが日本の社会。特に中学・高校では同調圧力が強く、小心者の私は仲間はずれにされないように人の顔色をうかがってばかり。自己肯定感が極端に低い上に友達も少なく、「どうせ私なんて…」といつも感じていました。

 

でも、今ふり返ってみると、道草や遠回りで無駄だったことはひとつもないし、中学・高校のときの友達が、今、本屋を訪ねてきてくれます。

 

今の私が14歳の自分に言葉を贈るなら…

「もっと自分を信じていいよ。」

 

他にも岡さんは、物事を感情的に判断するのではなく、統計的に観察し理解することで冷静に状況判断することができるようになる。そしてそれは生きる力につながると説かれます。

 

私が14歳のときに、こんなアドバイスをしてくれる大人がそばにいてくれたらなぁ…。

せめて、迷える14歳にアドバイスや救いの手をさしのべられる、頼れるおとなになりたいと思う今日このごろです。

1週間。楽しかったこといろいろ…

こんにちは、わおん書房です。

 

梅雨があけて一気に暑さが増しましたね!

暑さに弱い身にはつらい季節ですが、この日射しを待っていたものたちもいるんですよね。

 

自宅縁側のグリーンカーテン

なにやらぶら下がっている物体は、、、ゴーヤです。

f:id:waonbooks:20190731151948j:plain

今年は当たり年?なのか順調に実をつけています。強い日射しを受けてますます絶好調!

ゴーヤの苗2本で200本以上の実がなった年も。

めざせ新記録!

 

そして、こちらは梅干し。

ようやく晴天の日が続くようになったので土用干し中。

f:id:waonbooks:20190731151906j:plain

3日間天日干しすることで梅の殺菌効果が増すそうです。

ぷくぷくの赤い実が可愛い♪

每日のお弁当に欠かせません。

 

さて、この1周間は、楽しい出来事がいろいろありました。

 

益田ミリさんの『しあわせしりとり』(ミシマ社)。

当店でも大人気の新刊ですが、この本にちなんでピンクのしあわせしりとりコーナーを店内に設置しました。

 

「しりとりをつないでくださる方、いらっしゃるかしら…?」

店主の心配をよそに、たくさんの方々がしりとりに挑戦してくださっています(しりとりって、年代を問わず楽しめていいですね(^^)。)

f:id:waonbooks:20190731152244j:plainf:id:waonbooks:20190731152248j:plainf:id:waonbooks:20190731160211j:plainf:id:waonbooks:20190731152346j:plain

「えーーーなんて描こう?」

悩みながら、16枚ものしりとりをつなげてくれた小学生姉妹。 

 

京都からお父さんと来てくれたJ君(6歳)は、サンダーバードに乗ったことより、えち鉄(福井のローカル線えちぜん鉄道)でアテンダントのお姉さんとお話ししたことより、海に行ったことより、「本屋さんでお絵描きしたこと」がよかったとか。(店主、感激(T_T))

 

こちらのしりとりは、まだまだ継続中。

是非、皆さんの幸せをつなげてくださると嬉しいです。

 

そして、今週は新たな試みにも挑戦。

「日曜の朝は本で語ろう!」

と題して、毎週日曜日に本のおしゃべり会を開催することにしました。

 

「どんな時間帯だと参加しやすいかしら?」

「告知はどうやってしよう?」

「みなさん、来てくださるかしら?」

いろいろ悩んでしまって一歩を踏み出せずにいたのですが、

「ええい!とにかくやってみよう!!」

と腹をくくりました。

 

思い立ったが吉日で、

「日曜日の朝に本のおしゃべり会を始めます。」

と告知したのが金曜日。

 f:id:waonbooks:20190731180254j:plain

そして2日後の日曜朝10時。

「誰も来なかったら、1時間ゆっくり読書しよう。」

と決めていたのですが、2名の方がご参加くださいました。

 f:id:waonbooks:20190731160225j:plain

テーマは「私の大好きな1冊」。

初回なので誰でも参加しやすいようにテーマを選んだつもりだったのですが、ご参加のお二人によれば、ものすごく本を選ぶのに手間どったとのこと。

 

なんでも、普段の読書は、何かを学ぶために、問題解決の糸口を見つけるために、と目的を持って本を選ぶ場合が多く、「大好きな本」と言われても自分の本棚から選び出すのに苦労されたとか。

それでも、他の人がどんな本を読んでいるのか興味があってお二人とも参加してくださったとのことでした。

 

各自の大好きな1冊から話は始まり、そのあとは自由に大胆に、時に迷走しながら話が広がっていきました。いや~楽しかった!

 

あまりにも楽しかったので、8月中は毎週日曜朝に本のおしゃべり会をすることを決定しました。第2回のテーマは「子どものときに好きだった本」。

どんなおしゃべりが広がっていくのか…今から日曜日が楽しみです。

 

 

定休日の昨日も楽しみな出来事が。

わおん書房のホームページ用の写真撮影をしていただきました。

ずっと作成準備中だったのですが、もうすぐホームページが完成します。

どうぞお楽しみに!

 

いよいよ明日から8月ですね。

暑さに負けないように、ゴーヤをいっぱい食べて夏を乗り切らなくては…。

皆さんもご自愛下さいね。

心にしみる言葉たち

こんにちは、わおん書房です。

 

本を読んでいたり、テレビを見ていたりすると

「あ、いいなぁ…」

そんな言葉に出会うことはありませんか?

 

何を隠そう私はメモ魔なので、そんな言葉をすぐ手帖に書きとめることにしています。

(メモしとかないと、すぐ忘れてしまうので…。)

1年たつと手帖は宝物のような言葉でいっぱいに。

その中でも特に大切な言葉については、座右の銘としていつでも読み返せるように1冊のノートに書き写しています。

名付けて「名言ノート」(←ネーミングに難あり(-.-))。

f:id:waonbooks:20190724180918j:plain

 

たまに開いて読んでみると、

「なるほど、そうだよな~。」

「そうそう、そうだった!」

改めて気付きを与えてくれます。

 

今日は集めた名言集から一部をご紹介させていただきます。

 

「本当の失敗とは”やらないでおくこと”。喜びは失敗を振り払って手に入れる。それが世の常。」

「Go where nobody has gone,   Do what nobody has done.」

「体をいつもと同じように動かせば、そのうちに心がついてくる。心が積極的になれないときのテクニック。」

「努力するのではなくハマれ!(何もかも忘れるくらい没頭する)」

 

そして最近新たに仲間入りした言葉はこちら。

「楽しもう。もがきながらも」

f:id:waonbooks:20190724203728j:plain

「へろへろ ~雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々~」の中の一文。

この本、いまだかつてない新しい老人介護施設を作るべく悪戦苦闘する人たちの奮闘記なのですが、とにかく登場人物が魅力的というか規格外!

ものすごく悲惨な状況に直面したりするのに、なぜか笑いが止まらない!!

そして、ヨレヨレになりながらも、皆なんだか楽しそうなのです。

 

お腹がよじれるほど笑ってスッキリすると、なんだか力が湧いてきます。

(あ、いけない。思い出すとお腹がまたヒクヒクしてくる…!)

 

名言ノート、よく効きます。

 

 

 

 

 

 

 

お久しぶりです!元気でやってます^^;。

こんにちは、わおん書房です。

 

ブログの更新をサボってました。

ご覧になってくださっている皆さん、申し訳ありません!

 

それから、前回、マイナスオーラ漂うブログをアップしたところ、複数の方から心配のお声をいただきました。

waonbooks.hatenablog.com

Nさん、Mさん、心配して店まで来ていただいてすいませんでした!

たまに凹むこともありますが、元気でやっています。

 

こちらは最近の店内の様子。

f:id:waonbooks:20190718060011j:plainf:id:waonbooks:20190718061658j:plain

自宅の庭のアガパンサスがたくさん蕾をつけたので、店内にも飾ってみました。

梅雨の時期に咲く涼し気な花。毎年楽しみにしています。

右は従姉妹が贈ってくれたプリザーブドフラワー。本物かと見紛うばかりの美しいバラ。

 

さて、ブログの更新は滞っていましたが、わおん書房の店内は少しずつ進化しています。

 

f:id:waonbooks:20190718055026j:plainf:id:waonbooks:20190718055030j:plain

そうなんです!とうとう残りの椅子4脚が届きました~!!

ようやく8脚そろいました(T_T)…。 

 

こちらは、ちょっとわかりづらいかもしれませんね。かなりのマイナーチェンジ。

f:id:waonbooks:20190718060150j:plainf:id:waonbooks:20190718063404j:plain

実は、レジカウンターの位置(向き)が変わりました。右が移動前。左が移動後。

レジの前にあった冷蔵庫はレジカウンターの中へ。

おかげでレジカウンター周りがすっきりして、動線がスムーズになりました。

 

他にも、オープン時は700点ほどだった在庫点数が1100点を超えました。

棚が少しずつにぎやかになっています(*^-^*)。

 

そんなこんなで、実は、わおん書房は本日オープン3ヶ月を迎えました。

ご来店の皆様の笑顔に支えられての3ヶ月。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

まだまだ目指す本屋には程遠い…といった現状ですが、これからも少しずつ進化を続けていきますので、温かく見守っていただけるとうれしいです。

 

では、次回の更新はなるべく早くアップしますね!

 

 

 

 

 

 

 

心折れそうなとき(/_;)

こんにちは、わおん書房です。

 

なんだか、なにもかもうまくいかない時ってありますよね。

泣きっ面に蜂、踏んだり蹴ったり、弱り目にたたり目、一難去ってまた一難。

心折れそうになって空を見上げても雨雲が見えるばかり…。

 

申し訳ありません。

めっちゃくちゃマイナスオーラが出まくってますね。

そんな時のお供にぴったりのこちらの本。

「くじけないで」ではなく「くじけな」。

f:id:waonbooks:20190703193106j:plain

「くじけな

 こころゆくまで

 くじけな

 せかいのまんなか

 くじけな

 くじけな

 くじけないでと

 はげますあいのつよさに

 くじけそうなときには

 くじけな

 くじけな

 よし

 くじけてよし

 くじけたこころにしか

 みえないものをみあげ

 ほほえんでいればよし」

 

読んでいると、ますます落ちていくところが魅力です。

とことんまで落ちて谷の底に着地すれば、あとは上昇するだけ。

 

 

心折れそうな店主の心を癒やしてくれたのが、こちらのイケメン君。 

f:id:waonbooks:20190703181914j:plain

 ご近所のカワユイ彼。

週に一度、ママと一緒にご来店。

先週まで机の上に座っているだけだったのに、とうとうハイハイをはじめました!

(まんまるのお尻がたまりません♪)

日々進化する彼を見ていると、

「私も同じ場所に留まってはいられない。」

という気持ちにさせられます。

1センチでも、1ミリでもいいので前へ!

 

また、とことん落ち始めたら、こちらの本をひも解きたいと思います。

それまでは、本棚にそっとしまっておきましょう。