福井で小さな本屋はじめました。

JR福井駅前に小さな新刊書店「わおん書房」ができるまでとそれからの記録

はじめての定休日

こんにちは、わおん書房です。

 

わおん書房は火曜、水曜が定休日です。

オープン後初の定休日は、ゆっくり体を休めて…という訳にはいかず、本の発注作業に追われました(汗)。

大型連休中は本の配送がストップしてしまうからです。

f:id:waonbooks:20190425050823j:plain

*撮影by友人。涼しい顔をしているように見えますが必死です!

 

お客様から「こんな本も入れて欲しいわ。」とご依頼があった本や、お買い上げいただき欠品となった本の補充も。

「喜んでいただけるといいな~。」

お客様の笑顔を想像しながらの発注作業は、楽しい時間だったりもします。

 

お休みの間に、少しですが入荷もありました。

荷物が届いて箱を開ける瞬間は至福の時です。

「こんにちは、ようこそ!」

箱からそっと本を取り出します。さあ、どこに並べようかな?…

 

オープン前後は慌ただしさにまぎれて周りの景色を見る余裕もありませんでしたが、季節はまた一歩前進していました。気付いたら自宅玄関前は花が満開に!

f:id:waonbooks:20190425050719j:plainf:id:waonbooks:20190425050717j:plain

 

白状すると自分が思う以上に体は緊張し疲れていたようで、疲れ過ぎたあまり眠いのに眠れなかったり体のだるさが抜けなかったり。

昨日になってようやく緊張がほぐれ体から疲れがとけだしたようで、ゆっくり眠ることができました。今朝は気分すっきり!

 

さて、今日も午前11時にわおん書房オープンです。

奥のカフェスペースでコーヒーをご用意してお待ちしております。

 

 

 

-お詫び-

依然としてInstagramが見られない状況が続き、ご不便をおかけしております。

申し訳ありません。

復旧に向けて調整中ですので、もう少しお待ち頂ますようお願い致します。

 

 

 

 

たくさんのお花に囲まれて…

こんにちは、わおん書房です。

 

オープン2日目の昨日も、たくさんの方にご来店いただきました。

本当にありがとうございます。

 

お花もたくさん頂戴しました。

入り口から店内をのぞき込むと、色とりどりの花がいっぱいで心が華やぎます。f:id:waonbooks:20190421132841j:plainf:id:waonbooks:20190421132844j:plain

f:id:waonbooks:20190421132845j:plainf:id:waonbooks:20190421132839j:plain

オープンから3日間は、奥のカフェスペースでコーヒーをサービスさせていただいています。少しですがチョコやクッキーもご用意していますので、どうぞお気軽におくつろぎくださいね。

 

それから本日も、お買い上げ先着20名の方に小さなプレゼントをご用意しています。

中身はフウセンカズラの種。黒地に白いハート模様が特徴です。

f:id:waonbooks:20190421090440j:plainf:id:waonbooks:20190421090239j:plain

庭や鉢に種をまくと夏に小さな白い花を咲かせ、そのあと紙ふうせんのようにふくらんだ実をつけます。風に揺れる姿がとても可愛らしいです。

是非、手に取ってハート模様を確かめてみてくださいね。

 

では、ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

たくさんのご来店ありがとうございました♪

こんにちは、わおん書房です。

 

昨日、ひっそりとオープンしたわおん書房。

オープン30分前。

準備は整いました。

朝方降っていた雨もやみました。

お手伝いをお願いした本屋仲間のYちゃんと二人、「静かだね~。お客さん来てくれるかな~?」何だか落ち着きません。

 

そして11時のオープン少し前。

「ちょっと早いけどいい?」

入っていらした記念すべきお客様第1号は、なんと高校の同級生!

その瞬間、店内の空気がやわらかくなりました。

お店はお客様を待っていたのですね。

 

Yちゃんがすかさずコーヒーを運んでくれます。(とっても気がきく頼もしい助っ人!ずいぶん助けてもらいました。Yちゃんありがとう!!)

他にもお客様が一人、また一人とご来店。

カフェスペースでコーヒーをお勧めすると、初対面のお客様同士おしゃべりが始まりました。驚いたことに、店主も含め、みな同じ地元の高校の卒業生であることが判明。ますますおしゃべりが活気づきます。

 

昨日は、ご来店いただいた初対面のお客様どうしが話に花を咲かせている場面に何度も出くわしました。

お客様が楽しんでいただいている様子をはたから眺めているのは、店主冥利に尽きる瞬間ですね。大きなテーブルを置いてよかったと心から思いました。

 

おしゃべりを活気づけてくれたもう一つのアイテムが、コーヒーのお供のクッキー。

お祝いに頂いたものです。

f:id:waonbooks:20190420062441j:plainf:id:waonbooks:20190420062342j:plain

こちらのクッキーは、金沢の古本屋「あうん堂本舗」さんから頂いたもの。

あうん堂さん自ら焼いてくださったクッキーで、なんと「waon」とロゴが入っています。

とっても美味しいハードクッキー。

お客様に大好評でした。あうん堂さん、ありがとうございました!

 

実は、オープン前日は深夜まで棚に本を並べる作業に追われ「間に合わないかも…」と半べそをかいていました。

お客様が時間をかけて棚を眺めてくださり、苦労が報われました。

f:id:waonbooks:20190420062950j:plain

 

お会計の時に「また来ますね!」と言ってくださるお客様もたくさんいらして、うれしいと同時に責任も感じました。

お客様に「!」をご提供できるように、これからも本選びに精進したいと思います。

 

さて、今日の福井は朝から素晴らしい青空が広がっています。

本日も午前11時オープンです。

ご来店をお待ちしております!

 

 

 

おはようございます!わおん書房です。

今朝の福井は雨模様です。

f:id:waonbooks:20190419100929j:plain

 

いよいよオープンの日。

まずは、近所の柴田神社にお参り。f:id:waonbooks:20190419101003j:plain

 

昨夜はギリギリまで準備に追われました。

たくさんの足りない部分も含め、これが今の私のすべてです。

オープン後に、足りない部分を少しずつ埋めながら、成長し続ける店でありたいと思います。

 

さて、わおん書房11時オープンです。

温かいコーヒーもご用意しております。

どうぞ奥のカフェスペースでおくつろぎくださいね。

明日19日午前11時オープンです!

こんにちは、わおん書房です。

 

いよいよ(とうとう?)明日、わおん書房はスタートします。

精いっぱい準備したつもりですが、現実は足りないことだらけ。

 

まず、Cafeスペースの椅子がありません(えーーっ!)。

発注は2月にしていたのですが、オープンに間に合いませんでした。

急ごしらえのベンチを作っていただいたので、皆さまにはちゃんと座ってコーヒーを楽しんで頂けます(笑)。

 

本の準備も足りません。

まだまだ棚に並べたい本があるのですが、作業が追いつきませんでした。

少しずつ棚を充実させていきたいと思っていますので温かく見守っていただけると嬉しいです。

 

さて、明日から19、20、21日の3日間は、わおん書房オープンを記念して本をお買い上げの方先着20名様に、ささやかなプレゼントをご用意しています。

f:id:waonbooks:20190418054948j:plain

中身は…どうぞお楽しみに!

 

それから、Cafeスペースでは無料でコーヒーを提供させて頂きます。

よろしければ、ひと息入れていってくださいね。

 

営業時間は午前11時~午後7時まで。

火曜・水曜日はお休みをいただきます。

 

では、ご来店をお待ちしております!

 

 

おまけ

 Instagramで本の紹介を始めました。ぼちぼち更新していく予定です。

 よかったら「waonbooks」で検索してみてくださいね。

すべてはここから始まりました。

 こんにちは、わおん書房です。

 

この本に出会い、私は本屋を始めようと決意しました。f:id:waonbooks:20190416163858j:plain

 

何年か前から「福井に文化の拠点みたいなものが作れないかな。」そんな事を考えていました。

私自身は芸術関連の仕事をしていたわけでもなんでもありませんが、一個人として音楽や美術、舞台、芸能などに触れることが大好きで、「福井にもっといろんな文化に触れられる場所が増えるといいなぁ。」と漠然と思っていました。

イメージはロンドンのピカデリー広場や パリのバスチーユ広場のような、様々な人や文化が出会い交錯する場所 。

でも、個人の力でできることは限られています。

 

そんな時、この本に出会いました。

家庭と職場以外のサードプレイスの存在が注目されていますが、本書の著者も街のそこかしこに趣味や嗜好によって集まり、集合離散を繰り返す集団のようなものが社会の緩衝材として必要ではないかと説きます。かつては村それぞれに広場があり、そこで祭りをし、話し合い、踊ったように。

 

そうか、大きな広場でなくてもいいんだ。

職場のような拘束もなく、自由でいろいろな物や人に出会える場。

「本のある小さな広場を作ろう!」

 

本棚には時代や地域を超えて、あらゆる文化が集まっています。小さな文化の拠点として本屋はうってつけです。

やっと進むべき道が決まった瞬間でした。

 

 If many little people,                  

 in many little places,          

 do many little things,          

 they can change the face of the earth   

  たくさんの小さな人々が

  たくさんの小さな場所で

  たくさんの小さなことを成す。

  それで世界の状況は変えられる。

 

これは、ある講習会で講師の方から教えていただいた言葉です。

いろんな場所で、いろんな人が、いろんな広場を作れば、なにかが変わるかも!?

  

私も小さな本屋で、日々小さなことを積み重ねていけたらと思っています。

そして、この街に新しい小さな場所が増えていくことを願っています。

 

続々入荷中です。

こんにちは、わおん書房です。

 

気がついたら週末ですね(笑)。

最近はブログ更新が空いてしまって申し訳ありません。

twitterでは時々つぶやいているのですが、今週は店舗にいろいろな変化がありました。

↓ よかったらご覧ください。

twitter.com

 

すっきりと晴れた火曜日。翌日から始まる本の大量搬入に備えて大掃除。

f:id:waonbooks:20190413055808j:plain

基本的には施工業者の方がきれいにしてくださったのですが、古い物件をリフォームした店舗の天井には長年の汚れが…。これを大掃除よろしくホウキで払い落とします。

すると、ポロポロと出るわ出るわ!

きれいに掃き清めて雑巾がけもしてすっきり。

 

f:id:waonbooks:20190413060231j:plain

翌日の水曜日は冷たい雨。

午前便で届く予定の本の搬入を待ちます。

ところが「配送の仕分けミスで、お届けは明日になります。」と業者からの電話。

まさかの待ちぼうけ(涙)。

 

そして木曜日。

首を長くして待っていたNTTの工事が入りました。

これで電話とネットが使えるようになります。

f:id:waonbooks:20190413060610j:plain

 工事が終わればようやく棚に本を並べられます(喜!)。

 

そして昨日の金曜日。

続々と荷物が入ってきました。 

f:id:waonbooks:20190413061438j:plainf:id:waonbooks:20190413060636j:plain

箱を開けて中身をチェックして…といった作業は地味で手間がかかるのですが、本に囲まれる喜びに包まれます。手に取って読みふけりたい衝動をぐっとがまん。

途中、珈琲を淹れてブレイクタイム(あ…写真を撮り忘れました)。

準備はまだまだなのですが、本が入ってきたことで心底安心しました(笑)。

 

春の陽射しが気持ちいい昨日は、店舗前の新栄テラスで多くの方がベンチに腰かけてくつろいでいらっしゃいました。

こんな穏やかな日は、外で日向ぼっこしながら読書というのもいいですね。

 

さて、いよいよオープンまで6日となりました。

緊張しつつ、オープン準備を楽しみたいと思います。